<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スキップ・ビート! 40巻

スキップ・ビート40巻出てました。

限定版もありましたが、ドラマCDには興味がないので、通常版を購入しました。

 

今回は殺陣の練習とホワイトデー、オーディション開始前というお話でした。

女性陣の登場が多くて、男性陣は少なめでした。

高園寺さんとかずいぶん変わってて誰かと思ってしまいました。

 

面白いんですが、相変わらず進みが遅いです。

40冊も出ているほどストーリーが進んだ気がしないです。

良く言えば丁寧だとは思うんですが、もう少しサクサク進んでほしいなと思いました。

 

続きが気になるところで終わっているので、次も楽しみではあるんですが。

41巻は9月ごろ発売予定のようです。

 

 


にほんブログ村

2017.03.31 Friday 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 

薔薇王の葬列 7巻

薔薇王の葬列7巻買いました。

第1部のヘンリー6世編クライマックスです。

 

このシリーズは面白いけれど、暗いです。

今回もメインのキャラが死んでます。

最後の方は少女マンガらしい展開なのに、死んでしまってます。

少女マンガらしい、死んだことにして実は生きているということが全くないだろうと感じられるラストです。

 

これからもリチャードは大変だろうと思いつつ、先が気になる漫画です。

2017.02.20 Monday 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 

薔薇王の葬列 6巻

薔薇王の葬列6巻です。

表紙はウォリック伯です。

 

相変わらずのドロドロとした世界です。

でも先が気になるんですよね。

リチャードがヘンリーと別れてケイツビー達のところに戻ったところから始まり、戦場でヘンリーに再開するところで終わります。

お互いの身分が分かったところで、この先がどうなるのか続きが読みたいです。

 

しかしエドワードは自分を見ないとことがいいって、マゾっぽいですね。

今まで注目されてきたからとか、何かもっと深い意味があるのかもしれませんが。

この夫婦はわりとほのぼのしてて、わりと好きです。

 

次からもどろどろとしてそうですが、最終的に少し幸せになってほしいです。

 

2016.06.30 Thursday 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 

スキップ・ビート! 38巻

スキップ・ビート!38巻買いました。
表紙は春の桜のもとで、制服っぽい少しずつデザインの違う服を着た女の子3人です。

前半は前回の続き、後半はキョーコの母親の回想です。
キョーコと母親との関係は重大な内容だとは思いますが、こんなに長い回想いらないです。
しかも終わってないので、まだ続きます。

主人公の過去ならともかく、そこそこ重要とはいえあまり出てこないキャラの回想は一言二言とはいいませんが、1話ぐらいで終わらせることはできなかったんでしょうか。
内容も重いのに決着がついてないので、読み味が悪いです。
もっとさらっと進めてほしかったです。

番外編の魚の話しなんかは結構好きでした。

次の39巻は進むことを期待しています。
 
2016.03.23 Wednesday 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 

スキップビート! 37巻

スキップ・ビート!37巻を買いました。
表紙の絵や裏表紙、折り返しなどのイラストの服には特に意味はないんでしょうか?

雨宮さんから始まって、そこそこいい感じでしたが、母親が出てきて一気にシリアスになってきました。
いよいよ確執が出てきた感じです。
そして続きます。
長い!
このエピソードを1冊で終わるぐらいにしてほしかった。
最後に少し敦賀さんが出てきます。
これはコーンと勘違いしただけで終わるのか、コーンと敦賀さんが同一人物と気づくのか、次が楽しみです。

38巻は来年3月の予定なので、続きを読めるのを楽しみにしています。


 
2015.10.05 Monday 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | 

狼陛下の花嫁 13巻

狼陛下の花嫁13巻です。
最終回っぽい表紙と帯だなと思ったら、第1部完結でした。

陛下と夕鈴は再会です。
しかし遠くにいると思っていた、夕鈴が近くにいて、しかも妓館で働かされていると思って陛下激怒です。
誤解は解けても監禁でした。

でももう監禁でもラブラブです。
そのまま最後までラブラブで終わりました。
鬼姑もいい味出してます。
ちょうどいい辺りで終わったなと思います。
ハッピーエンドでしたし。

来年の春ごろに第2部の新婚篇がスタートするようです。
 
2015.09.08 Tuesday 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 

狼陛下の花嫁 12巻

狼陛下の花嫁12巻です。

陛下と夕鈴は1度も会いません。
しかし夕鈴は無謀なぐらいに潜入したりしてます。
夕鈴らしいです。
相手に迷惑かけるかもとか考えておとなしく言われたとおりにする人では、ヒロインにはなれないですね。

しかし首の細さが気になります。
ほっそりとしたとかでなく、棒のようでぽっきりと折れてしまいそうな感じです。
もうそこが気になってしまってました。

次は秋だそうで、やっと再び会いそうな2人が楽しみです。


ブログランキング・にほんブログ村へ  
2015.03.18 Wednesday 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 

童殿上なんかするんじゃなかった!

きらきら馨るの子供たちのお話しの童殿上なんかするんじゃなかった!を買いました。
まさか続きがあるとは思っていなかったので、本屋で見つけたときは驚きました。

懐かしいと思いましたが、以前の最終巻を見てみると2002年に発行されていました。
懐かしいはずです。そんな前だったとは。

大納言の息子の透理が主役です。
懐かしい面々も出てます。
ただ月日が経って絵も変わっているので、沙桐がかなりたれ目になっていて、誰か分かりませんでした。
でもお話しは懐かしさもあって、なかなか楽しく読めました。
たまにはこういうのもいいですね。
 
2015.02.18 Wednesday 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 

KATANA 12巻

KATANA12巻です。

4話載ってます。
滉が小さい時の迷子話と江戸時代の人と入れ替わる話し、見える人の話し。
そして表紙にいる、稲荷神の雪丸が出てくるお話しです。

今回は襲や過去の幸御当主が、ところどころポイントとなって出てきています。
襲はあまりかわらないですが、当主はどの人もすごい人のような感じですね。

あとがきに描いていた首取りもちょっと見てみたいです。
あまり血みどろなのは嫌ですが。
次も楽しみです。
2014.11.29 Saturday 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 

帝の至宝 7巻

帝の至宝7巻、買いました。
最終巻です。

ハッピーエンドでした。
皆が幸せそうで、よかったです。一部自業自得で幸せでない人もいますが。

突っ込みどころはいろいろあるんですけどね。
迷子の子供が王子の天幕に忍び込めるところとか、ただ王様が好きというだけで婚約者ですらない平民が人質で良いのかとか、お母さんは混乱を招かせるためだけに出ただけで、その後はどうなのか気になります。

でも、いい終わり方をしたと思ってます。
やっぱりハッピーエンドはいいですね。
2014.10.14 Tuesday 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 9 PAGES | >>